女性ガードマンが活躍する現場とは

男女の差が無くなりつつあります

女性のめざましい活躍が見られるようになってきた現代社会。それはガードマン業界でも同じ現状があるようで、警備会社のガードマン、もしくは警備員の求人に、女性からの応募が多く集まるようになってきています。これまで、ガードマンといえばその仕事内容から体格の良い男性がなるものというイメージを強く持たれてきましたが、女性ならではの警備の需要も増え、女性ガードマンの姿をあちこちで見かけるようになってきましたよね。それでは、女性ガードマンが多く活躍している現場には、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

女性ならではの特徴

例えばショッピングモールやデパートなどで万引きの現行犯を捕まえたとき、その犯人が女性であった場合に男性のガードマンや警備員がボディチェックを行なったとしたら、それが別のトラブルに発展してしまうということになりかねません。そのようなときに重宝されるのが女性のガードマンなのです。また、通行人から随時話しかけられるような人通りの多い現場や受付といった現場では、女性特有の人当たりの良さや物腰の柔らかさが警備の際のコミュニケーションに役立ちます。また、先ほどの商業施設では授乳室や女性トイレなど、女性しか立ち入ることができない場所もあるため、男性ガードマンとともに現場に派遣されることも多いようです。

女性が働くための環境整備

このように女性ガードマンの需要が増加している傾向にあるため、女性をガードマンとして採用する際の待遇面などが、例えば深夜勤務にはつかないようにするなど、より考慮されるようになってきているという現状があります。女性の方であってもガードマンとして活躍できる現場は、これからもますます増えていくことでしょう。