心配りの職業ガードマン

娯楽の時期程忙しい

ガードマンと言えば、巨大モールやテーマパークで車の誘導をする姿が頭に浮かぶと思います。ガードマンはそういった民間が休日で出かけたり遊びに出る日こそ忙しいのです。人の安全のために土曜日、日曜日を削り仕事をするガードマンに、感謝をしなければいけませんね。この仕事は、様々な場所と連携を取りながら考えて1台ずつ誘導しなければなりません。

ガードマンとしての姿勢

ガードマンは、常に「想定」の心を持ち仕事をしなければいけません。交通ルールでよく耳にする「たられば運転」と似た様なものです。もし~したら、もし~なれば、そういった気持ちが民間を守って下さっています。そして、様々な面での「想定」の心を持つ事によって、突然起きたトラブルにも難なく対処が出来ているのです。

最近はやりのダンシングガードマン

最近色々な場所で見かける軽快な動きをしながら華麗に誘導してくれるダンシングガードマン。そして踊るまではいかないが、可愛らしいジェスチャーで案内をしてくれるガードマンも至る場所に居ます。車に乗っている人とガードマンとでは、口の動きだけではなかなか意思の疎通が難しいですよね。そういった面を踏まえてジェスチャーをして下さるガードマンの方には最新の心配りの気持ちが見えますよね。ガードマンは、素晴らしいサービス業です。