ガードマンの仕事

ガードマン
ガードマンという言葉を聞いたことがある方は少なくないと思います。ガードマンは、大まかに言うと警備会社の警備員のことです。制服を着ていることが多いですが、警察官が持っているような権限を特別に行使できるといったようなことはありません。例えば職務質問などもできないということですね。ガードマンは一体どんなことをしているのか。当たり前のように聞いている言葉でも、意外にすぐに思い浮かばないかもしれません。今回はガードマンの仕事の一部を紹介したいと思います。

交通警備
車を利用するという方も多いと思いますが、駐車場を利用する時に、制服を来た人に誘導してもらった経験があるという方もいらっしゃると思います。警察官ではなさそうだし、よく見ると制服に警備会社の名前が書いてあるかもしれません。実はこういった仕事もガードマンの仕事です。駐車場を含む混雑しそうなところなどで、車を誘導したりすることで事故の発生を未然に防ぐことが目的です。ガードマンの交通警備は、他にも工事現場やイベント会場などでも行われています。

ボディガード
映画やドラマなどで、ボディガードであったり用心棒などの存在を見たことがある方は少なくないでしょう。実はこれらの仕事もガードマンの仕事になります。いわゆる身辺警護のの仕事です。身辺警護の仕事はガードマンの仕事ではなく、別の職業の仕事だと思われていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。この他にも、ガードマンは様々なところで活躍しています。ガードマンは安全のために日々頑張っているのです。