警備は大変!

安全を担うガードマン

皆さん、ガードマンという職業をご存知でしょうか。ガードは”守る”マンは”男性”その名の通り警備員のことを指します。ガードマンだからと言って男性だけとは限りません。大変な労力を使う仕事ですが多くの女性もガードマンとして活躍しています。娯楽施設の警備やイベント、コンサート、会社など様々な場所でガードマンは活躍しています。ガードマンはどんな仕事なのか。少し理解を深めていきましょう。

寝る暇も無い

警備員になる為に特別な資格は要りません。しかし、警備を行うための瞬発力や判断力、知識やすぐさま対応できる能力が必要不可欠となってきます。警備中は一切の油断も許さないため満足に睡眠もできません。それくらい重要で大変な仕事なのがガードマンという職業です。財産を守り侵入を防ぐだけでなく、私たちの見の安全も守ってくれるのがガードマンです。しかし常に気を張っているのも大変なものです。

女性ガードマンの需要

年々、女性のガードマンの需要が高まっており、これには理由があります。例えばショッピングセンターや宝石店などで万引き事件が起きた時、もし犯人が女性だった場合はボディチェックなども必要となったり、女性しか立ち入ることができない場所もあります。そういったときに女性ガードマンは大いに活躍します。男性では出来ないことが女性では可能の場合もあるのです。こうしたことや勤務時間、時給の改善などにより女性の警備員も増えてきています。しかし酔った男性に絡まれてしまったり過酷な環境での警備を必要とされる場合があり、危険に遭遇してしまう場合もあるので女性の警備の方はそういった注意も必要です。女性のガードマンはとてもかっこいいので世界各地で活躍してほしいですね。