警備業務の種類について

色々ある警備の種類

警備員やガードマンの仕事というとどういったものが思い浮かぶでしょうか。施設をぐるぐる巡回したり、監視カメラを確認したりという作業が思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、実際にはガードマンの仕事というのはしっかり種類で分けられているのです。今回はその種類について、どういったものがあるのかを見ていこうと思います。

業務について

まず1号業務というものがあります。これは施設警備で、事務所や商業施設、住宅での盗難といった事故を警戒し、防止する仕事です。帽子をするためにガードマンは警備対象の施設で巡回や監視を行ったり、車両の出入の管理も行います。先ほどのイメージしやすいガードマンの仕事です。もう1つの2号業務は交通警備で、人や車が通っていて危険な場所において負傷や事故を防ぐための業務になります。イベント会場や工事現場にて、人や車両を誘導したり、整理したりするのが仕事です。3号業務は運搬警備と呼ばれるものになります。運搬中の現金、貴金属、美術品などの盗難事故を防ぐための業務です。4号業務は身辺警護であり、いわゆるボディガードとしてのガードマンが行う作業になります。

様々な仕事があるのです

上記のように、ガードマンとひとくくりにしても多種多様な作業の種類があるのです。また、種類によっては資格が取得できるものもあります。1号業務であれば施設業務検定と呼ばれるものがあり、2号業務には交通誘導警備業務検定、3号業務では貴重品運搬警備業務検定があるのです。