ガードマンの分類

ガードマンはどれも同じ?

スーパーや大規模商業施設での駐車場の交通誘導、施設内の警備など、ガードマンは様々な仕事をこなしています。
また、場合によっては個人の警備なども担当してくれるガードマンもいます。
それらのガードマンは、すべて同じなのでしょうか?
実は、ガードマンの中にも種類があって、それぞれ担当できる職務が違っているのです。

ガードマンの分類

ガードマンには様々な種類がありますが、その分類を決めているのが警備業法の第二条です。
警備業法の第二条では、警備業務を4つに分類しています。つまり、1号業務、2号業務、3号業務、4号業務の4つです。
これらにはそれぞれ担当できる業務が指定されており、例えば、1号業務のガードマンは施設内の監視や巡回、出入り管理等を行うもので、よくテレビに出てくる万引きGメンと呼ばれる人もこの1号業務のガードマンの一種です。

2号業務は、交通整理が仕事です。各種イベント会場の駐車場や通路で人や車を誘導しています。

3号業務は、現金や貴金属、美術品、あるいは核燃料など極めて貴重で、盗難等によるリスクが高いものをトラブルから守るガードマンです。一般的なもので、私達がよく目にするのは銀行ATMなどの現金を輸送する現金輸送車の警備を行っているガードマンではないでしょうか。

最後の4号業務は、個人に対してのトラブル、例えば暴力による怪我などから守るためのガードマンです。簡単に言ってしまえば用心棒、ボディーガードと言われます。