ガードマンになるために

ガードマンとは
ガードマンは和製英語で、正式には「警備員」さんのことを指します。依頼主やお客さんの財産や生命を警備する民間企業のお仕事で、警察官のような特別な権限は有していません。従って、取り調べや職務質問、逮捕(現行犯逮捕は可能)などは行なうことは出来ません。しかし、この警備員がいることで、未然に事件・事故が防げたり、犯罪が検挙されたり、防犯上とても心強い存在であることには違いありません。

ガードマンになるために
ガードマンになるために、特別な資格は必要ありません。しかしその職務上、事件・事故などに関わる危険があるため、適性というもはあります。ガードマンに必要な素質の一番はやはり「使命感」「責任感」です。時には自分の身を危険にさらしながらも、『大切なものを守る』という気持ちです。誰にでも出来ることではありませんね。ガードマンになるのに資格は必要ないと言いましたが、警備に関する資格は沢山あるようです。交通誘導警備検定、貴重品運搬検定、施設警備検定、空港保安警備検定等など。こうした資格を保有することで、職の幅も広がってきますので、どんどんスキルアップすることが可能です。

ガードマンに関する情報なら
ガードマンになりたい、警備を依頼したい、警備方法について相談したいなど、ガードマンに関する情報なら「ガードマンネット」を利用しましょう。本サイトにはガードマンに関する様々な情報が日々更新掲載されています。是非有効にご利用ください。