ガードマンを頼ろう

年商3,000億以上の警備会社も

犯罪が増え物騒な世の中と言われている日本では警備会社やガードマンの必要性が益々高まってきました。
その為警備会社の年商はどんどん上がり、今では3,000億以上も売り上げる警備会社があるのも事実です。
これだけ業績を伸ばす警備会社、一体どんなガードマンを各地に派遣しているのでしょうか?
またどんな時にガードマンを頼ればいいのでしょうか?

優良警備会社のガードマンはこんな事をしてくれます

ガードマンというと何だか大げさに聞こえますが、ガードマンの仕事には雑踏警備、施設警備、イベント警備を行ってくれます。デパートなどで駐車場の案内をしてくれる方、あの方もガードマンです。
お祭りで警察やガードマンが不在で雑踏警備がされなかったことで、大きな事故が引き起こされたケースもあります。
警察官はともかく、せめてガードマンがいてくれればこんな事故は起こらなかったかもしれません。
ガードマンがいなければ駐車場もすぐ大混乱してしまうことは容易に予想がつくことです。
またイベント警備でガードマンがいなければ、商工会などでゲストに有名人などを招いた際にステージに人が上がってきてしまうかもしれません。ガードマンは様々なシーンで私達を助けてくれています。

ガードマンはこんな時にも

ストーカーなどが重大犯罪化してしまうケースをニュースでよく聞くようになりました。
警備会社によっては個人向けにガードマンを派遣するサービスを行っているところも多くあります。
また子供の学校の行き帰りが心配な場合もガードマンを派遣してもらうことが出来るサービスもあります。
もし自分の身の回りに危険や心配事がある時はガードマンを頼ってみるのも良いかもしれませんね。