ガードマンのお仕事

我々の生活の安全を守っています

我々が生活している中あちらこちらでガードマンの姿を目撃する事があると思います。交通整備をしていたり商用施設名を巡回していたりと様々な場所で我々の生活を守ってくれているのです。ガードマンはなにか事件があればすぐに我々を守ってくれます。また、ガードマンが立っていることにより、事件を未然に防ぐという役割も担っています。ガードマンが立っているだけで相手は少し身構えてしまいますし、悪いことをしようとする気も起こりません。ガードマンは立っているだけでも犯罪の抑止力として働いてくれているのです。

お祭やイベント事の際には

お祭り等のイベント事を行う際にはガードマンに警備をお願いする事をおすすめします。当日は沢山の人が集まるので、混雑が予想できます。イベント事に訪れた人が混乱しないためにも人を誘導する人も必要ですし、ライブなどを行う場合、ゲストを守る人も必要です。また、イベント事でも様々なトラブルが起こる可能性もありますので、早急に対処をしてくれるガードマンの存在は大切です。ガードマンを用意したい時には警備会社に依頼することでガードマンを派遣してもらう事ができます。

ガードマンを行うには許可が必要です。

ガードマンが警備を行うにあたって特別な資格は必要としませんが、警備会社で研修を受けてからガードマンとして警備現場に出ることになります。ガードマンになるにはトラブルの対処法や装備の知識など、知っておかないと行けないことが沢山あるのです。また、ガードマンを配置する場合最低現場に1人は現場の警備に必要な資格を持っている人間を配置しなければいけないという法律などもありますので、ガードマンが必要な場合、一度警備会社に相談することをおすすめします。