ガードマンと警察の違い

ガードマンと警察の違い

ガードマンは警備会社より派遣された警備員なので、警察と違い警察官管理執行法と法律による様々な権限を与えられていないため、事件の捜査や犯人と逮捕は出来ません。しかし様々なトラブルの表矢に立ちなり我々の安全を確保してくれます。また、警察は事件が起こるまで手を出せないような案件もありますが、ガードマンがいることで事件を未然に防ぐ抑止力になる場合もあり、ガードマンというお仕事は我々の生活の安全を守るために必要なお仕事なのです。

ガードマンになるには

ガードマンになるには警備会社に就職をして必要な研修を受けることでガードマンとして現場に立つ事が出来ます。しかし、一人前のガードマンになるには、様々な経験を積み知識を得る必要があり、一人前のガードマンとして頼りにされるようになるには沢山の現場経験が必要です。また、現場で様々な経験を積んだガードマンは警備会社の研修で、新しいガードマンを教育することもできるようになります。

生活を守るために必要なセキュリティーシステムです

ガードマンは我々の生活の安全を守るために必要なセキュリティーシステムです。警備システムを導入すれば家の周りに不審な人物がうろついていれば出動してくれますし、イベント会場や商用施設などで、お客様の安全を守るのもガードマンの仕事です。また、ガードマンは実を守るために必要な装備をしている為、犯人が暴れた時にも対処する事ができます。