一般の方にも使えるガードマン

地域の祭りに

地域のお祭では、規模にもよりますが交通規制を設けることもあると思います。ただ立て看板を置いただけではそれらの誘導がうまくいかないこともありますが、交通警備員を設けることでスムーズに交通規制を行うことが可能です。
また、更に規模の大きなお祭りでは雑踏警備というのも必要です。
雑踏警備を行うのは、祭りで起きるスリや置き引きなどの窃盗事件を防止する効果がありますし、万が一何かの事件が起きた場合に、初動で動ける場合があります。

老人介護の助けとして

最近のガードマンの中でも、巡回警備を行っているところを利用するのも私達一般人に身近なガードマンのサービスです。
巡回警備を行う途中で、高齢者の自宅を訪問するサービスを提供している企業もあります。
これにより、独居老人の孤立死を防ぎ、万が一の時に発見を早め、最悪の事態を防ぐことにもつながるのです。
また、単に訪問するだけでなく、庭の木花などへの水やりなど、簡単な家事手伝いのようなサービスを提供している場合もあり、これらは高齢者の方の側から依頼する例もあります。

警備会社によりそれぞれ

警備会社によっては、法人相手の業務が得意な所、一般の方への対応が得意なところなど様々な警備会社が存在しています。
警備会社選びによってはサービスや料金に大きく違いが出てきますので、気になった時はまず資料請求をしてみたり、ネットでそれらの企業の情報を検索されることをお勧めします。