警備会社で厳しい訓練を受けるガードマン

ガードマンになるために

ガードマンは私達の安全を守ってくれる、いわば番人のようなものです。
雑踏警備をするのもガードマンの仕事の一つですが、そうした気力や体力の必要な仕事を任されるガードマン達のために、
各警備会社はガードマン育成に力を注いでいます。
例えばガードマンになるのに取らなければならない資格はありませんが、上を目指して行くために努力を続けるガードマンが、
自主的に資格を取ったりすると、上の立場に就任させたり、給料を上げたりと言った形で、ガードマン達のやる気を出させています。

警備会社の訓練

警備会社の訓練はとても厳しく、中には一週間ほどかけて研修をさせるという警備会社もあります。
警備会社の中にはまずは挨拶の訓練や、マナーなどの講習を受けさせるといった訓練からスタートします。
挨拶やマナーのなっていないガードマンに警備は務まらないということです。
またその後も厳しい体力トレーニングや整列体系を整えさせたりすることなどを心がけています。

ガードマン育成

時にはガードマンが犯罪者から企業や人命を守ったりすることもあります。
それだけではなく、イベント会場でも、雑踏警備がなされていないために重大な事故が起こったこともありました。
また、駐車場にもしガードマンがいなかったら、駐車場での交通事故も起こりかねません。
こんなところにガードマンなんて要らないと思って、警備を怠るといったことはあってはなりません。
もっとガードマンが必要とされるように、各警備会社がガードマン育成に力を注いでいます。