夏祭りにガードマン

ガードマンの業務

街中で多く見かけるガードマン。ガードマンの業務は警備業法第2条によって定められており、1号業務、2号業務、3号業務、4号業務の4種類があります。その中で一番一般の方々から目にされやすいのが1号業務と2号業務のガードマンになります。
1号業務は主に建物や駐車場、商業施設などで盗難騒ぎが起こるのを防いだり、盗難騒ぎが起きてもすぐに犯人を捕まえることができるように務めます。2号業務は交通警備にあたり、人と車が雑踏する場所で接触事故などが起きることがないよう務めます。

夏祭り

もう過ぎた地域もあると思いますが、夏といえば夏祭りがありますね。夏祭りは年に1~2回行われる大イベントなので、多くの人が集まってきますが、それだけガードマンの配置が重要になっていきます。人が多ければ多いほどいつ盗難騒ぎが発生しても気づかれにくいこともあるでしょうし、近くに道路があれば、人と車が接触する可能性も考えられます。そういった事件や事故が起きることがないよう、ガードマンはしっかりと警備を務めることが求められます。

優良な警備会社でガードマンを手配

ガードマンがしっかりと警備を務めてもらうには、やはり警備会社がどれだけ優良かどうかが関わってきます。そのためには、まず警備会社が信頼にあたいするところかしっかりとチェックしていきましょう。インターネットではたくさんの警備会社をお探しすることができるので、是非インターネットを活用して優良な警備会社に依頼するようにしてください。