自分の身も守るガードマン

「ガードマン」「警備員」

警備会社に勤められているガードマン。ガードマンと聞くと、なんだか自分達には無縁な職業だなと思われるかもしれませんが、皆さんがよく利用されるデパートやショッピングセンター、駐車場の車の誘導でよく見かけるのがガードマンなんです。「警備員」と呼ばれることも多いので、「ガードマン」「警備員」両方の名前が浸透しています。
ガードマンは日常生活で大いに活躍しています。例えば、駐車場にて車の誘導をしているガードマン。普段は見かけることがなくても、土曜日や日曜日など、休日で見かけることが多いと思います。中には「自分で探させてくれよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ガードマンは車を運転されているお客様が迷うことがないよう、キチンと車の誘導をしてくれているのです。

自分の身も守るガードマン

また、ガードマンは皆さんの身を安全に守るだけでなく、ご自分の身も守っているのです。というのも、時にガードマンに危害を加える輩がいるからです。今の御時世、いつ襲われるか分かったものじゃありません。なので、警備員はヘルメットを着用したり、防護服を着用していることが多いのです。基本的に、機械警備や輸送警備に勤めているガードマンがそれに該当します。

優秀なガードマン

ガードマンは優秀であればあるほど頼りになります。優秀なガードマンとは、脅威状況にキチンと合わせた警備をしてくれるか、警備方法について具体的な案を提示してくれるか、秘密保持がしっかりしているかになります。なので、ガードマンに依頼する際は、警備会社の評判がどうなっているのかが重要ということですね。