居眠りしてしまうほど疲れるお仕事

ガードマンは楽ではない

皆さんの中で、ガードマンは楽なお仕事と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに、建物の出入り口などで配備されているガードマンはずっと立ちっぱなしでいるので、人によっては楽な仕事に見られるかもしれません。でも、ガードマンというのはなかなかしんどいお仕事と言えますよ。だって、ずっと立ちっぱなしでいるというのもなかなか疲れるじゃないですか。勝手にその場を離れるわけにはいかないですし、立ちっぱなしで足も疲れてしまうでしょうし、それを考えたら、誰でも出来るお仕事とは言えないのかもしれません。

居眠りするほど疲れる

中には立ったまま居眠りをされてしまうガードマンもいらっしゃるようです。滑稽な光景と言えば滑稽かもしれませんが、それだけ疲れるお仕事と言えるのでしょう。それに立ちっぱなしだけではなく、不審者が発見されたら、その対応をしなければなりませんし、場合によっては、ガードマンご自身に危害が及んでしまうことだってあります。例えば、不審者が刃物を隠し持っていたら、真っ先に狙われやすいのが対応しようとしているガードマンだからです。ですから、これも含めてガードマンは誰でも出来るお仕事とは言えません。

ガードマンの手配

ちなみに、ガードマンの手配の依頼は年がら年中発生しています。駐車場の車を誘導することもありますし、車と人が接触することのないよう、通行人を誘導することもあります。そういった手配はインターネットで行うことも出来るので、是非ご覧になられてはいかがでしょうか?