警備会社について

警備会社の社会的役割

警備会社の社会的役割に付いてご存知でしょうか。通常犯罪行為を防ぐのは警察官の役割ではないかとお考えの方も多いようですが、警察管の数には限りがあり、また個人的な案件などに関しては余り介入しない事が多くあります。警備会社はこの隙間を埋め、少しでも一般市民の生活が安全で、快適なものになるようにすることが役割です。警備会社の行う業務は様々ですが、1号警備から4号警備と呼ばれる様々な警備業務を行う他、センサーなどを使った機械警備を併用して、広範囲をカバーするのも仕事です。

警備会社の最大手、セコム

セコムは日本の警備業界で最大手といっても過言ではない規模となっており、東証一部に上場している企業の中で、という圧倒的な規模を持っています。ガードマンを利用した通常の警備だけでなく、機械警備も使ったホームセキュリティも展開している広い経営実態が、それを裏付けているようです。日本の警備会社としては海外にも展開しており、高い評価を得ています。

綜合警備保障について

セコムと並ぶ日本の大規模警備会社として知られる綜合警備保障ですが、一般の方々には「ALSOK(アルソック)」というブランドの方が知られているかもしれません。元々綜合警備保障は現金輸送に強い企業で、ATMの現金輸送だけでなくトラブル対応にも力を発揮していました。警備会社としてはセコムの数分の1という規模とは言え、国内最大手であることは変わりなく、ALSOKのブランド名とともに多くの方に親しまれている警備会社と言えるでしょう。

~広告~