防犯システム

警備会社の防犯システム

警備会社は施設内に人員を配置して警備を行う以外にも警備を行う方法があります。機械警備がその代表例で、窓やドア、その他建物や施設内の各所に配置されたセンサーを用いたシステムで、侵入者や不審者を感知して、ゲンバに一番近いスタッフが急行をするというものです。この形態の警備は通常の施設警備と同じ1号警備となります。機械警備と常駐警備が異なるのは、施設内には実際に人員が配置されておらず、センサーなどで異常を感知した時にスタッフが向かうというものです。そのため、この形態の警備を行える警備会社はある程度全国展開しており、ガードマンの数が多い大手が展開している事が多く、国内ではセコムとALSOKがよく知られています。

スタッフ教育はされているのか

警備員は制服を着て立っているだけ、そう思っている人はいませんか?実は現場に配属された警備員はきちんとした教育を施されたスタッフばかりです。というのも警備業法において現場に配属される警備員には規定の教育を施さなければ行けないとされており、時間にして約30時間程度の教育が施されます。これ以外にも現場での教育、年に何回かの定期教育も行う他、自主的に勉強をする方もいるようです。この教育時間は、各種の資格を持っていたり元警察官という立場や資格に応じて増減があり、免除される事もあるようです。

警備員の装備

警備会社に所属する警備員は、それぞれ決まった服装、装備を持っています。各社の装備は対応する業務によっても異なりますが、だいたい同じようなものを持っています。例えば代表的なものとして制服があるでしょう。警備会社によって制服のデザインは様々ですが、概ね警察官の制服、もしくは軍服に似ています。これはデザイン的に威圧感があるとともに、警備業務を行うのに好都合ということがあります。これ以外に警棒、さすまた、シールドなど警備会社ごとに細かな違いはあれど、それらの装備が標準的に警備会社の警備員には装備されています。

~広告~